Top > デジタルサイネージ > 路面電車でのデジタルサイネージ予備実験

 

 以下は予備実験の内容であり、広島電鉄の路面電車を使ったデジタルサイネージに ついての詳しいことは、こちらを参照ください。

➜ 路面電車を使った移動体デジタルサイネージ実験

 


路面電車でのデジタルサイネージ予備実験

2009/03/30

概要


 日時:2009年3月30日(月) 9:30~16:00頃
 広島電鉄路面電車においてデジタルサイネージシステム、動画の再生が路面電
車の移動等によって途切れることなく実現が可能であるかどうか,宮島口駅から広
島駅へ向かいその間のシステムの状況を調査した。

図11.png
図1 サイネージシステム概要



実験コース.png
図2 測定経路(宮島口駅~広島駅)



目的

  1. 電車への使用機器の取付方法の確認
  2. 電車内のサイネージシステム全体の配線と動作確認
  3. 宮島口駅~広島駅間での計測
    1. サイネージマシンの連続動作確認
    2. 周囲の無線LANの調査
    3. Eモバイルの通信速度

サイネージシステムの動作確認

MicroPC1.jpg
サイネージシステムを実装するためのPCを
床に設置しています。


ts1-signage-pc2.jpg
車両の前後の画面に同じ映像を流すため、無線LANの
指向性アンテナを車内に設置しました。



ts2-gamen.jpg
実際はこのようにデジタルサイネージシステムを
路面電車へと反映させて、広告や地域情報など
様々なコンテンツを表示していく予定です。



ts4-gamen.jpg
GPSのアプリケーションやCO2濃度などの様々なコンテンツを表示しています。



ts3-gamen.jpg
サイネージシステムを用いて動画の再生について確認しました。


無線LANやWANの基礎データの収集

MicroPC1-人.jpg
電波状況を観測している様子です。



下りUDP.jpg
RTTとスループットを観測しています。



ts1-signage-pc5.jpg
USB無線子機を用いて電波状況を観測しています。



ts1-gamen.jpg
電車の運転席ににGPSを設置し、電車の位置情報を計測しました。


実験結果


  1. 電車への使用機器の取付方法の確認
    電車への使用機器の取付方法を作業を通じて確認しました。
  2. 電車内のサイネージシステム全体の配線と動作確認
    電車内でのサイネージシステム全体の配線と動作確認をしました。動作確認については
    次に述べています。
  3. 宮島口駅~広島駅間での計測
    1. サイネージマシンの連続動作確認について
      サイネージマシンの連続動作確認について上記の写真のようにGPSのアプリケーション
      やさまざまなコンテンツ、動画の再生などを表示して連続動作の確認をしました。
    2. 周囲の無線LANの調査結果について
      AP数図.png
      図3 宮島駅ー広島駅間のAP数

      広島駅側プロット図.png
      図4 西区井口ー広島駅間のAP分布

      SNR図.png
      図5 宮島駅ー広島駅間の電波強度


      1. 図3は宮島駅から広島駅間での時間による観測できているAPの数の変化を表して
        います。図3を見ると紙屋町から的場町付近ではAP数が比較的多くなっているこ
        とがわかります。
      2. 図4はAP数の分布示す例として西区井口付近から広島駅までの場所によるAP数の
        分布を示しています。AP分布の詳細情報は下記URLへ
      1. 図5は宮島駅から広島駅間での時間によるSNRの変化を表しています。測定場所に
        よって最大SNRはそれほど大差はありませんが、紙屋町から的場町付近間では比較
        的SNRも高くなっていることがわかります。これはSNRはAP数に依存していることを表し
        ていると考えられます。
        ※AP(アクセスポイント):パソコン通信/インターネットに接続するために設けられ
         た施設のことです。
        ※SNR:信号に対するノイズ(雑音)の量を対数で表したもので、数値が大きいほど雑音が
         少なく高品質の信号が得られることを意味します。

    3. Eモバイルの通信速度について
      RTT図.png
      図6 宮島駅ー広島駅間のRTT

      スループット図.png
      図7 宮島駅ー広島駅間のスループット

      RTT-スループット図.png
      図8 宮島駅ー広島駅間のRTTとスループット


      1. 図6は宮島駅から広島駅間でのRTTの時間による変化を表しています。タイムアウト
        を3秒としていることから3000msより大きいRTTの値が表示されていないグラフになっ
        ています。
      2. 図7は宮島駅から広島駅間でのスループットの時間による変化を表しています。図7
        を見ると、八丁堀駅付近でスループットの値が小さくなっているのがわかります。
      3. 図8は宮島駅から広島駅間でのRTTとスループットの時間による変化を表しています。
        図8を見ると八丁堀駅付近ではスループットの値が小さいのでRTTの値は大きくなっている
        ことがわかります。
        ※RTT:往復遅延時間。あるデータを送ってから、相手の確認応答が戻ってくるまでに
         かかる時間のことです。
        ※スループット:単位時間あたりの処理能力です。

  最終更新のRSS