報告

ICカードによる電子クーポンと連携可能なネットワーク型デジタルサイネージの実証実験を開始します。(2009年11月2日〜2010年1月末(予定))

路面電車でのディジタルサイネージ実証実験を開始します。(2009年9月12日(土)〜2010年1月末(予定))


プロジェクトについて

平成20年度から総務省戦略的情報通信研究開発推進制度の研究開発課題「モビリティ技術を活用した国際都市ホスピタリティ向上に関する研究開発」に取り組んでいます。本研究開発課題ではICT(Information and Communication Technology)を活用し、国際都市広島への訪問者が滞在期間中に、より便利により心地よく過ごせるよう、すなわち、ホスピタリティの向上に取り組みます。

一方で、平成21年11月8〜13日に広島では第76回IETF(Internet Engineering Task Force)というインターネット技術の標準化を議論する大規模国際会議が開催されます。この会議は、先進的なインターネット技術の議論が活発に行われ、世界各国からインターネットの研究者、技術者等が1000〜2000名集まります。日本では1回目が2002年の横浜において開催され、広島が2回目となり、海外からの参加者約600名が想定されています。本プロジェクトではこの国際コンベンションの機会をとらえて、実証実験の場とし、広島市におけるICTを活用したおもてなしの実験を計画しています。


  • 研究開発支援制度:総務省 SCOPE 地域ICT振興型研究開発
  • 研究プロジェクト:「モビリティ技術を活用した国際都市ホスピタリティ向上に関する研究開発」
  • 研究期間 : 平成20年度〜平成21年度末

本プロジェクトに関するお問い合わせは、までお願いします。